2009年02月08日

パソコン心電計


posted by teknika at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

記録紙、レーコーダペーパ、記録用紙

もっと安く、良質な記録紙を
お使いになりませんか。
アジアの国からお届けします。
電子カルテ、レセプト、
生理検査の記録紙、各種伝票、
にお勧めします。

現在ご採用のサンプルを
お送り下さい。
お見積もりします。

世界の記録紙の90%は
今やアジアで生産されて
おります。

http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/medpaper/
posted by teknika at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

12誘導心電図のDICOM化

画像ファイリング PACS

電子カルテ  EMR

循環器診断 心不全 突然死対策

病診連携  在宅診療

救命救急  遠隔医療

DICOMゲートウエイ

超音波画像、内視鏡画像、
一般波形画像等を
DICOM化します。

12誘導心電図を
DICOM画像に致します

ナレッジテクノロジ社

カタログ

案内説明

案内ビューワ説明
posted by teknika at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

心電図(12誘導、6誘導、三誘導)の波形とRR間隔のサンプリング

ハンガリ国ラブテック社製 ラブテックパソコン心電計 愛称デュナ
(厚生労働省から、2007年4月に認証認可取得)は、
12誘導あるいは、6誘導あるいは、3誘導で、心電図波形とRR間隔を
バイナリファイルとテクストファイルで出力しております。
http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/duna1/
http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/duna2/
安静時中あるいは、動作中(歩行中、マスターステップ中、エルゴメータ中、
トレッドメータ中等にも、心電図の波形が良好であれば)の心電図で、
ご提供します。
さらに、マットラブソフトウエア応用gTec社製解析ソフトウエアを
用いると、リアルタイムで、オンラインの解析ができます。
http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/gtec/
もちろん、各種の自律神経ソフトウエアでの解析のできます。
更に研究用として、非観血血圧も同時に使用できます。
また、当該製品のソフトウエアには、リアルタイム表示で
メタボリック指標が、米国循環器学会、米国心臓病学会で、ガイドライン
として制定された指標が表示されます。
http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/stressdata/

詳しくは、株式会社グッドケア(電話052−322−0627)
http://www.goodcare.jp/
または、メディカルテクニカ有限会社(電話048−928−0168)
http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/
宛お問い合わせ願います。

posted by teknika at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

非観血血圧計付きホルター心電計

ホルター心電計が非観血血圧計付きで、パソコンソフトウエア解析付きで、
厚生労働省から平成19年9月に承認されました。
http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/labtechholter/
小型で、かつ、パソコンの近くでは、連続モニターとしても使用できます。
自律神経の三次元解析ソフトウエアも付帯しています。また、ディジタル
ファイルの出力機能(RR間隔と血圧値はテキストファイルで、
心電図波形はバイナリファイルで)も付加されています。
心疾患、虚血性疾患、不整脈疾患、先天性心疾患、心臓リハビリ、
高血圧症、糖尿病、透析、内分泌症、メタボリック症、自律神経失調症、
脳血管疾患、血管疾患、睡眠障害疾患、呼吸疾患、ペイン疾患、
スポーツ、体力増強、人間ドック、検診、等にご利用頂けます。
http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/holterpapers/
発売元 株式会社グッドケア (電話052−322−0627)
輸入元 メディカルテクニカ有限会社
posted by teknika at 04:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

負荷心電図検査において、重要な臨床的データ

負荷心電図検査において、重要な臨床的データをご案内します。これは、
米国心臓病学会のガイドラインで示され、世界的に評価されたものです。

引用は、March 14 2002 N Engl J Med Vol 346 No 11 793-801
 運動試験による男性の運動限界と生存率
ビクター エフ フロエリヒャ 博士、米国 スタンフォード大学、
心電図負荷試験及びメタボリック指標の父、ACC及びAHAのガイドラインの原案作成者
図解は、縦軸 相対的危険度、横軸 危険度の原因で、
左から、高血圧、慢性的閉塞性肺疾患、糖尿病、喫煙、体脂肪率、コレステロール、
http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/stressdata/
posted by teknika at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

アメリカ疾病予防局(CDC) が発表したガイドライン

麻酔科部長 市川高夫先生が、アメリカ疾病予防局(CDC) が発表したガイドライン等の一部を
日本語に訳したものを載せてあります。
質問等は、直接市川先生にお送りください。
(その時、所属とお名前もお聞かせ願えれば幸甚です。)
スクマネージメント関連
ハーバード大学謝罪マニュアル(東大大学院訳)
NEJMの2007年6月28日号のレビュー(PDF)
国立品質ファーラム(NQF)の「安全の実行」(PDF)
JC(旧JCAHO)の部位間違い処置間違い患者間違い予防(PDF)
2007年CDCの新しい隔離予防策(標準予防策)勧告部分と付録A
術後悪心・嘔吐予防ガイドライン (Duke大学)2006年版 麻酔科医のために

アメリカ医療改善研究所が発表した10万の命のキャンペーンの一部です
VAP(人工呼吸器関連肺炎)予防

• アメリカ胸部学会から発表された成人の肺炎の管理ガイドライン2005年版 
CDCと対比して読んでね(^.^)

尿路感染予防ガイドライン最新版!!・・ビックリしないでね"(^.^)" 

まむし(Viper)咬傷について・・・感染と関係ないけど・・・救急だね

「医療に関係する肺炎の予防のためのガイドライン2003年版」の第一部から
細菌性肺炎とウイルス性肺炎の項の抜粋!!!

「医療施設における消毒と滅菌のドラフトガイドラインから」                  
 内視鏡と高レベル消毒剤の一部抜粋
「医療に関係する肺炎の予防のためのガイドライン、2003年版」の
第二部と第三部(いわゆる勧告部分)のほぼ全訳
「2003年CDCおよびHICPACによる医療施設における
環境感染管理のためのガイドライン」
posted by teknika at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

運動ストレス時、ワイヤレス 12誘導心電計 の実演予定です。

日本心臓病学会(平成19年9月10日11日12日)東京ベイホテル(千葉県浦安)
日本体力医学会(平成19年9月14日15日16日)ノースアジア大(秋田市)
に出品します。
計画として、マスターステップによる 運動ストレス時、ワイヤレス 12誘導心電計 の実演予定です。

ワイヤレス 12誘導心電計は、その応用範囲を広げます。
本邦で初めて、ワイヤレス 無線の 12誘導解析付き心電計が認可されました。(2007年4月) 下記の内容です。
一般的名称          汎用心電計
製品名             ラブテック パソコン 心電計
愛称               デュナ
製品仕様の種類       安静時のみ、及び 安静時及びストレス対応
ワイヤレスの方法      ブルーツース

12誘導基線が、運動中でも振り切れません。日本式マスターステップ
のプログラムが搭載されます。エルゴメータ、トレッドミルとも交信します。
出力機能が多彩です。

特別な リアルタイム 同時 12誘導心電図及び心拍等の表示は
パソコンに、ソニーバイオU、もしくは 富士通 ルックスUを用い、
パソコン無線を併用すれば、受信できる場所ならばどこでも表示可能です。
http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/duna/
http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/duna2/
http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/remoterunning12ecgs/

発売元 高度医療機器販売業 株式会社 グッドケア
http://www.goodcare.jp/
http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/goodcare/
輸入元 医療機器製造販売業 メディカルテクニカ有限会社
http://www.din.or.jp/~meditekn/medi_hp/
http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/
posted by teknika at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

先生のご希望の医療機器と接続できる遠隔医療ソフトウエア



すべての医療機器とテレバイタル社ソフトウエアとの交信プロトコールをご提案します。
医療機器をご愛用されていらっしゃる医療従事者の方、並びにご関係者へ、また、医師不足と、
専門の医師に診て頂くのが困難な場所の皆様へ、医療支援の方法です。テレバイタル社は、
次の点で、世界でただ一つの会社で、NASAで開発され、世界で実績を重ねてきた会社です。
それは、電子カルテ機能を有し、かつ、同時表示の遠隔医療ソフトウエアのソフトウエアを
提供しています。そして、このソフトウエアには、大幅な分野の、異なった会社の医療機器と
の直接接続ができ、独特の自動認識機能と総合構成機能とを併せ持ちます。
患者をそれらの医療機器で診断されると、すべてのデータを、その時同時に、日本のどこに
居ても、専門医療従事者が受け取り観ることができます。そして、同時にまた自動的にカルテ
に記憶されます。そして、医師の診断や他の医療や関係情報も同時に記憶できます。
http://www33.ocn.ne.jp/~medicalteknika/vitalware/
posted by teknika at 14:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 医師会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

心電図管理・監視のご評価をして下さる先生募集

パソコン及びパソコンのネットワーク(windows XP)
(院内ラン、叉は、インターネット回線によるネットワーク)
で、複数の箇所と連携して、心電図を管理。監視をされたい先生へ

当方からのご提案――
 数十台のパソコンを用いて、院内あるいは院外で、心電図を連携したいとお考えの
先生へご提案申し上げます。

1、 12誘導心電計のパソコン式では、心電計の中核は、ソフトウエアで、すべての
パソコンにコピーできますので、12誘導心電計ケーブルを移動して装着すれば
どれも、12誘導心電計になります。

2、 ストレス心電計も、安静時と同じように、ソフトウエアで構成されていますので、
どのパソコンもストレステストが可能です。

3、 ホルタ心電計も同じく、すべてのパソコンがホルタ心電図表示ができます。
(自律神経評価ソフトウエア内蔵)

そして、一番ご提案したい点は、弊社でご評価を希望する会社の心電図では、
すべてのパソコンが、安静時心電計にも、ストレス心電計にも、ホルタ心電計にも
なります。

更に、重要な点は、すべてのパソコンは、それらのソフトウエアをインストールする
ことにより、どのパソコンでも、安静時、ストレス、ホルタの心電図を必要に応じて
表示できることです。院内ランもしくはイーメール添付で。

このシステムをご評価下さる先生を探しております。
ぜひ、臨床研究に、あるいは、創薬研究に、生かされる先生を求めます。

             メディカルテクニカ有限会社
             ご連絡がイーメール叉はお近くの販売店様を通じて
             ecgpclink@mail.goo.ne.jp
             当該心電計のすべてで、出力にテキストファイル叉はバイナリファイル
             のデータ出力が。オプションで装備されます。 
             非観血血圧計とのコンビネーションもご用意されています。
posted by teknika at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

第26回日本小児循環動態研究会

謹啓
貴社におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。常日頃より私どもの医療及び研究活動にご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さてこの度、第26回日本小児循環動態研究会をお世話させていただくことになりました。本会は、こどもの心臓病におけるさまざまな循環動態(心機能・血行動態・運動能・心不全など)に関する研究を介して、健やかなこどもたちの成長発達を目指して設立されました。今回(第26回)は、これまで個別に発展してまいりました日本小児心機能血行動態研究会と日本運動循環器研究会が、昨年正式に合体して本会となっての2回目の研究会となります。全国の小児循環器疾患を診療する施設から循環動態に関連した演題を募集し、その成果を発表し議論し合う『日本小児循環器学会の学術研究会』ですが、研究会開催のために皆様方の経済的、人的ご支援をお願いできればと存じます。つきましては、出費多端ならびにご多忙な折とは存じますが、本研究会の趣旨をご理解いただき、ご助力賜りますようお願いいたします。
 末尾ながら、貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます。
                                          謹白
                    記
第26回日本小児循環動態研究会
      開 催 日:2006年10月21日(土)9:00〜18:00予定
      開催場所:川越プリンスホテル        〒350-8501埼玉県川越市新富町1-22
                         Tel.049-227-1111  Fax.049-227-1110
世話人 会長兼幹事 先崎 秀明  (埼玉医科大小児心臓科 助教授)
ご連絡先:〒350-0495
        埼玉医科大学小児心臓科 第26回日本小児循環動態研究会事務局
TEL 049-276-1218 FAX 049-276-1218
posted by teknika at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

第一回ITを活用した生活習慣病指導のためのテレメンタリング研修会

inari1.jpg昨年度、試行的に開催し、大変な好評をいただきました。
今年度は、厚生労働省の後援もいただき、より生活習慣病指導に焦点を当てた研
修会といたしました。
テレメンタリングに関心のある皆様、また、システム構築にあたってのコミュニ
ケーションに関心のある方々のご参加をお待ちしております。
主催  日本遠隔医療学会
後援  厚生労働省
日時  平成18年3月11日(土)9:00-17:00
会場  東京国際フォーラム ガラス棟
対象  医療・保健関係者および生活習慣病指導のためのテレメンタリングに関
心をもち、何らかの経験を有するか、これから実践しようとする者。企業関係者
皆様の参加も歓迎致します。
参加費 5,000円
定員  70名(申し込み先着順)
http://square.umin.ac.jp/jtta/telement/telement.htm

時間講義内容講師
9:00-9:45 生活習慣病の基礎 メタボリックシンドロームとは 
木村 穣 関 西医科大学 助教授
9:50-10:35 生活習慣病対策への行政のとりくみ 
矢島 鉄也 厚生労働省健康局 生活習慣病対策室長
10:40-11:25 IT活用の生活習慣病指導に利用される機器
  鎌田弘之 岩手医科大学 講師
11:30-12:15 テレナースによるメンタリング
 亀井智子 聖路加看護大学 助教授
12:15-13:30 昼食
13:30-14:15 テレメンタリング(1) カウンセリング技法
 村瀬澄夫 信州大学 教授
14:20-15:05 テレメンタリング(2) メール、データ等を利用した
ストア・アンド・フォワードコミュニケーション技法
 佐藤恵美 産業精神保健研究所
15:10-16:15 テレメンタリング(3) TV電話等の映像による
リアルタイムコミュニケーション技法 
酒巻哲夫 群馬大学教授
16:20-16:50 知識理解度判定テスト解説および自己採点
16:50-17:00 修了式

遠隔医療学会からのご案内です。
本年もどうぞ、よろしくお願いいたします。
http://square.umin.ac.jp/jtta/



posted by teknika at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

第19回日本冠動脈疾患学会学術集会展示会

来る12月9日(金)、10日(土)に大阪グランキューブ大阪
(大阪国際会議場)で開催されます。奮ってご関係会社のご出展
を期待申し上げます。学会主催は国立循環器病センター内科・外科。
http://jca19.umin.jp/

Image7m.jpg
posted by teknika at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月04日

注目の記事 電子カルテ導入支援・06年度末までに病院の6割に

下記の記事が日経で掲載されていた。これは、近年稀にみる医療改革の基になると思われる
下記内容は、将来の医療の姿を一遍させると思われる

I T更新:04月03日 12:56
厚労省、電子カルテ導入支援・06年度末までに病院の6割に (07:03)
厚労省、電子カルテ導入支援・06年度末までに病院の6割に
 厚生労働省は治療経過をコンピューターに記録する「電子カルテ」の普及促進に向けて、診療報酬の上乗せなど推進策の検討に着手する。医療機関が電子カルテを活用して診察内容を患者に分かりやすく説明した際に、公的医療保険の給付を上乗せする仕組みを想定している。電子カルテは紙のカルテに比べて患者にとって読みやすく、医療機関が治療実績や副作用の情報を共有しやすい。現在の普及率は1割強だが、2006年度末までに6割への引き上げを目指す。

 カルテ(診療録)には医師の所見や検査結果、食生活の注意など治療の経過が記入されている。患者は請求すれば、カルテの開示を原則として受けることができるが、手書きの紙のカルテは診察した医師にしか読めない文字が連なり、患者が内容を理解できないケースも多い。 (07:00)

posted by teknika at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

第14回日本脳ドック学会総会展示会出展のご案内

来る7月1日〜2日名古屋マリオットアソシアホテルで開催されます。
奮ってご参加頂きますよう、ご案内申し上げます。
詳細はこちら
http://gokkosan.hp.infoseek.co.jp/braindisease/
posted by teknika at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。